読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近Rubyやりたすぎてしょうがない。

Diary


Rubyやりたすぎてしょうがない

最近何を思ったか気晴らしにとRubyの本を読み始めて、楽しすぎてRubyがしたくなりすぎている。

その本はRubyの文法とか使い方とかいうよりは、Rubyという言語の設計思想とかカルチャーとかに焦点を当てて書かれている本で、まさに自分が読みたいと思っていた感じの本だった。

もともとはRubyで作ろうと思ってた

ずっと昔からRubyはなぜかやけに気になる存在で、最初は、今作ってるWebサービスRubyで実装したいと思っていた。

でもなんにせよRubyどころかプログラミング初心者だったのもあり、Railsの準備段階での学習におじけづいて、Webサービス開発専用的なところがあるPHPさんに逃げてしまった。

(実はRubyの初期はドットインストールとかで少しだけ勉強していたのだけど、RailsのためにHomebrewを入れようとしたら容量が大きすぎて何回やってもインストールできず、くじけた。)

そして再び熱がきた

そして再びその本に触発されて例のRubyがやりたくなった。

そして今は、少しでもいいからと、Rubyを毎日書いてる。


いったいあの本で、どれだけの人たちがRubyの世界に入ったのだろう…。