読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最終報告会

総括

先日、この1年の総括とも言える、最終報告会なるものを行った。

他の日本人学生、日本人と現地人の全てのスタッフ、及び現地人ボランティアに向けて、自分がこの1年で送って来た活動などの報告を行うものだ。

紙芝居

前はkeynoteでスライドを作って、iPadにスライドを映してiPhoneからBluetoothで操作するという途上国(ウガンダ)では魔法レベルな方法でプレゼンテーションを行ってしまった。

そのために、そこに注意を持つ人が多くなってしまい、肝心な内容が薄れてしまったかなぁと反省。

ということで、今回はテクノロジーへのアンチテーゼという意味合いも含め、紙芝居のような形式をとってみた。

普段絵なんて書くことがない僕が、せっせと下手なイラストを書いて、「やっぱおれ絵下手だなぁ」と痛感してしまった(笑)

内容

プレゼンテーションの内容は、別に書いた記事のようなことを発表した。

Webサービス開発のことだけに触れた。もし友人とかに「ウガンダで何してたの?」って訊かれたら、まず僕はこれを答えるだろうなぁと思ったからこれだけにテーマを絞って発表することに。

本当は、コーヒーのことやら音楽のことやらにも触れたかったのだけど、我慢。

英語についても、ちょっと自慢したかったのだけど、あえて触れないことにした。実際自分の英語なんて本当しょうもないレベルだと思うしなぁ。

講評

トピックも1つにまとまっていたし、言いたいことも結構しぼってプレゼンしたから、なんというか、こぎれいにまとまったみたいな感じが否めない(笑)

いただいた講評に、「人間味が足りない」というものがあって、本当にその通りだなぁと思った。頑張ってスライドまとめて、プレゼンも手の込んだものにして、ってなると自然とそうなっちゃうのかもしれないのだけど。

でもそこってなんかもうプレゼンテーション云々じゃなく自分の生活の中でも大きなテーマじゃないかなぁって思った。

Tシャツ

ついに、ロゴ付きTシャツを作ることが出来た。

完成度もまぁまぁ満足。プレゼンでどうしても着たかったので最後になって大急ぎになって作る感じになってしまったけど、嬉しかった!(笑)

数ある服を(臭いので)置いて行く中、これは日本に持って帰って、このシャツを見るたびにこの挑戦と失敗を思い出して「うわぁ…」てなろうと思ってる。

帰国

本当に帰国まで残り僅かになってしまった。

ここに来てわちゃわちゃと複雑な問題が生じ始めてるけど、なんとか乗り越えて気持ちよく帰りたいところ(笑)まぁ、そんなところもこのウガンダでの活動っぽい。

これから、最後のレポートと帰国後の報告会の準備だ。

残り少ないウガンダを満喫しながら、やったろう。