読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

挑戦、失敗

Diary

Webサービスを作ってみた

僕はこのアフリカの1年で、Webサービスを作ろうと決意した。

だけど前回の記事でも書いた通り、僕はそのサービスの製作と運営の上で、失敗した。

この失敗は、本当に僕にとってズッシリときた。

挑戦と失敗

でも、思えばこの1年、挑戦しては失敗してきた。

最初の5月の英語のテストでは、日本人学生の中でトップになってやろうと思っていたのに、全く成績は伸びていないという結果に終わった。

Webの会社を見かけたはいいものの、入ってみるかやめておくか悩んで会社の前を5回くらい往復して結局おじけづいて帰っちゃったりもした。

コーヒー会社の社長に会ってやろうと工場に突撃してみたものの、部長みたいな人に軽くあしらわれて、すげすげと肩を落として帰ったりもしたっけ。

…挙げていけばきりがないが、その度自分の弱い部分を見る気がして、口の中には苦い何かが残ったような感覚になった。

救い

でも、振り返ってみて、それが僕の1年だったかなと思う。

挑戦して、失敗して、その繰り返し。

失敗したことなんて、そのときの苦みを思い出せば本当に、悔しくて恥ずかしいもの以外の何者でもない。

でも、ただ一個、僕の誇れること。挑戦したこと。

その事実だけは変らない。

それだけが誇りであって、それだけが救いだ。

これから

これからのことはまだ決めてない。

やりたいことはとにかくたくさんあるから、これから整理しておこうと思う。

でも、挑戦することに、バカになりたいと願う。

「どうにでもなる」だとか「なんでもできる」とかいう幾度も自己啓発本とかに書かれているようなセリフを、セリフなしでウガンダで学んだことは自分としては大きかった。

失敗と、挑戦。

自分の中のこれからの人生でも大きなテーマになることは間違いない。

…帰ったらまずは、仲間を見つけよう(笑)